FC2ブログ

海音寺潮五郎(かいおんじ ちょうごろう) 歴史小説の草分け


NHK大河ドラマ「天と地と」(昭和44、1969年)、「風と雲と虹と」(昭和51、1976年)の原作者であり、数々の歴史小説を書き残している。
団塊の世代よりも前の世代の人に好まれた。太平洋戦争をはさんで活躍した歴史小説の草分け的な作家のひとりと言えます。私自身はなじみが薄く、名前だけよく知っている作家なのかもしれない。


<作家紹介>
明治34(1901)年、鹿児島生まれ。國學院大學を卒業後、国漢教師を勤める。
「風雲」でサンデー毎日文学賞受賞。教職を辞した後、「天正女合戦」と「武道伝来記」で第3回直木賞を受賞。第16回菊池寛賞受賞。
昭和52(1977)年没。



・武道伝来記
 臆病者と蔑まれた間宮織部は、息子・和三郎に「武士」の心を打ち明けて死ぬ。後日、若殿のお供をした和三郎は、大藩・細川家とのトラブルを唯一人で収拾、父の汚名を晴らす。直木賞受賞の本作は初の文庫化!(光文社時代小説 裏表紙から)

武道伝来記 海音寺潮五郎

カバー装画 倉橋三郎

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「武道伝来記」の購入はこちら



・風流才媛伝
 “私が春日局になるはずだった・・・・”
才女として知られる小野ノお通と三代将軍家光の乳母として大奥に絶大な勢力をもったお福の方 ― 春日局との確執と運命を描いた話題作!
又、家宣時代、江戸城を舞台に幕府財政担当、勘定奉行の萩原重秀と貨幣改鋳に反対する新井白石の争いにからむ大奥の恋模様を描いた傑作、絵島の恋を併録。(時代小説文庫 カバーそでから)

風流才媛伝 海音寺潮五郎

カバー装画 蓬田やすひろ

<収録>
風流才媛伝
本朝女風俗

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「風流才媛伝」の購入はこちら



・日本名城伝
 城にもそれぞれ個性がある。例えば、岐阜城主はただ一人を除いてすべて非業の死をとげていることや、小田原城の歴史は一種の震災史であること。そして姫路城には女の絡んだ秘話が多い ― 。
南は熊本城から、北は函館五稜郭まで、12の名城にまつわる史話を歴史文学の第一人者である著者が縦横に語った興趣つきない好連作集(文春文庫 裏表紙から)

日本名城伝 海音寺潮五郎

カバー写真 土倉一夫

<目次>
熊本城 新風連
高知城 理想家の悲劇
姫路城 女難城
大阪城 金と朱
岐阜城 道三の恨み
名古屋城 中京繫昌由来
富山城 不信義な武将
小田原城 地震とお城
江戸城 日本シンデレラ
会津若松城 女の嫉妬、男の嫉妬
仙台城 珍陀の美酒
五稜郭 蝦夷島独立国



楽天ブックス 海音寺潮五郎 「日本名城伝」の購入はこちら



・おどんな日本一
 七歳で人を殺し、十歳にして初陣の功名をたてたほどの豪傑丸目蔵人だが、九州の小藩に生れたばかりに、出世ができない、恋もかなわない。それなら、実力日本一になって、きっとあの人をお嫁にもらおう・・・・。
お吉さまの美しい面影を胸に、「兵法日本一」の幟を立てて諸国武者修行の旅に出る、愛すべき好漢の一代記。著者の愛着おくあたわざる、恋と剣の熱血物語である。(新潮文庫 裏表紙から)

おどんな日本一 海音寺潮五郎

カバー装画 安野光雅

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「おどんな日本一」の購入はこちら



・孫子
 “兵法とは究極には己れに勝つこと”―
呉楚の確執が続く古代中国。卓越した戦略家的素質と隠者的性格を合わせ持つ孫武と復讐に憑かれて生涯を賭ける伍子胥にみる人間の生き様。骨肉相食む戦乱の世の諸王・将軍・刺客等人間群像を、「春秋左氏伝」「呉越春秋」「史記」から掘り起し、独自の解釈のもと鮮やかに蘇らせる。(講談社文庫 裏表紙から)

孫子 海音寺潮五郎

カバー装画 原田維夫

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「孫子」の購入はこちら



・幕末動乱の男たち(上)
 近代日本への黎明のとき、激動する時代の急流に翻弄されながらも、自ら新しい流れをつくり出そうと苦悶苦闘した男たち・・・・。
勤王と佐幕、学者、行政官、武人と、思想や立場こそ異なれ、自己の道を歩んだ維新の人物群像を研ぎすまされた史観にとらえられた列伝体小説。上巻には武市半平太ら6人を収める。その激しい生の燃焼ゆえ、斬死、刑死などいずれも非命の死をとげた人々である。(新潮文庫 裏表紙から)

幕末動乱の男たち(上) 海音寺潮五郎

カバー装画 中島虎威

<目次>
有馬新七
平野国臣
清河八郎
長野主膳
武市半平太
小栗上野介

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「幕末動乱の男たち」の購入はこちら



・幕末動乱の男たち(下)
 下巻には、松下村塾に多くの尊攘志士を育て、時代を先取する豊かな学識と鋭い感覚ゆえに、ついに安政の大獄に刑死した吉田松陰をはじめ、山岡鉄舟、大久保利通、“人斬りの異名をとった田中新兵衛、岡田以蔵、河上彦斎の三刺客を収める。
多難な時代の革命期を生きた魅力ある維新の人間像を、綿密な実証と深い洞察の渾然たる融合のなかに、活写した興味深い史録読物。(新潮文庫 裏表紙から)

幕末動乱の男たち(下) 海音寺潮五郎

カバー装画 中島虎威

<目次>
吉田松陰
山岡鉄舟
大久保利通
三刺客伝  田中新兵衛、岡田以蔵、河上彦斎

楽天ブックス 海音寺潮五郎 「幕末動乱の男たち」の購入はこちら



・王朝
 角川文庫

王朝 海音寺潮五郎

カバー装画 不明



・蒙古来たる 上巻 流離の巻
角川文庫

蒙古来たる 上巻 海音寺潮五郎

カバー装画 福岡青嵐



・蒙古来たる 下巻 円覚の巻
角川文庫

蒙古来たる 下巻 海音寺潮五郎

カバー装画 福岡青嵐



・海と風と虹と 上巻
角川文庫

海と風と虹と 上巻 海音寺潮五郎

カバー装画 松本俊喬



・海と風と虹と 下巻
角川文庫

海と風と虹と 下巻 海音寺潮五郎

カバー装画 松本俊喬



・平将門 上巻
新潮文庫

平将門 上巻 海音寺潮五郎

カバー装画 中尾進



・平将門 中巻
新潮文庫

平将門 中巻 海音寺潮五郎

カバー装画 中尾進



・平将門 下巻
新潮文庫

平将門 下巻 海音寺潮五郎

カバー装画 中尾進







スポンサーサイト



東京オリンッピク考 ソフトボール


やはりオリンピックは、他の競技大会を超える一流アスリート達がしのぎを削る場だった。

ソフトボールの決勝戦だけでも、日米両軍が見せた数々の眼を見張るようなプレーにうならされた。
1回裏の、ワイルドピッチを拾ったキャッチャーからホーム上の上野投手への送球による刺殺は、キャッチャーからの送球が正確さによるものに見えた。また、6回裏、ランナー1,2塁のピンチに、強烈なライナーをサードがはじき、それをバックアップしていたショートが捕球し、帰塁できなかった2塁ランナーをアウトにして併殺を成立させたプレーは、決して奇跡ではない。身を挺して捕球しようとしたサード、忠実にバックアップをしていたショートの状況をよく理解したうえでの判断と俊敏さ、そして2塁主の堅実さは全て練習の賜物に違いない。
アメリカの守備も見事だった。ホームランになりそうな大飛球を、2度も好捕する質の高いプレーを見せてくれた。

6回裏のあのプレーの後に、アメリカの選手がいつまでも見せた、呆然とした表情が印象的だ。

足音が聞えてきた ― 白石一郎 ― ネタバレなしの読後感想


五つの短編小説のうち、三つが実際にあった出来事や実際にいた人物を題材としいるそうです。
どの小説もテンポがよく、「この先どうなるんだ?」と先に進みたくなる筆致で、中だるみすることがない。はじめて読んだ小説家だが、こんなに面白いとは知らなかった。
もっと早く読んでいればよかった。

足音が聞こえてきた 白石一郎

カバー装画 村上豊


<ざっくり紹介>
「足音が聞えてきた」 夫を斬り殺された妻女と、それを支える家督を継いだ義弟は・・・
「小麦さま」 朝鮮の役で囚われた高貴な女性と、武功をあげようと朝鮮に渡った男の物語
「お駒の紅」 世継ぎを廃嫡の陰で起きた理不尽なできごと
「くすり繁昌記」 江戸時代に薬ブームがあったとしたら・・・
「筑前狂想曲」 黒田藩が行った財政再建策の顛末





「で、こときれておりましたか」 ―
夫の死の知らせを受けた時、義弟は確かにそう言った。前夫を暗殺されながらもその弟の妻となり、幸せを取り戻した女が出遭う疑惑。
ミステリータッチで描く表題作はじめ、朝鮮に出兵した兵士と現地の女との数奇な運命をたどる「小麦さま」、天保時代、筑前黒田藩の財政の混乱を皮肉に描く「筑前狂想曲」など、多彩な筆を駆使した時代短編集。(新潮文庫 裏表紙から)

<収録>
足音が聞えてきた
小麦さま
お駒の紅
くすり繁昌記
筑前狂想曲





<作家紹介>
昭和6(1931)年、釜山市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
昭和62(1987)年「海狼伝」で第97回直木賞受賞。
平成4(1992)年「戦鬼たちの海 ― 織田水軍の将・九鬼幸隆」で第5回柴田錬三郎賞受賞。
平成11(1999)年「怒涛のごとく」で第33回吉川英治文學賞受賞。
平成16(2004)年没










東京オリンピック考1 卓球混合ダブルス


はじまってみれば、オリンピックは楽しく、感動させられることが多い。
 
中でも、水谷隼さんと伊藤美誠さんペアによる、卓球混合ダブルスの試合にはドキドキさせられた。パトリック・フランツィスカさんとペトリッサ・ゾルヤさんとの準々決勝の最終ゲームでは、2―9の劣勢から追いつき、何度もマッチポイントを握られながらも勝利を手にしたのだから素晴らしい。
観ている方が「もうダメだ」と思うような状況を、1点ずつ積み重ねていった行程はとても大変だっただろう。水谷・伊藤ペアが少しずつ追い上げているときに、テレビで解説をされていた方が、「ドイツペアの方が追い込まれている」と言われていたが、きっとそうだったのだろう。

スポーツは、『心・技・体』がそろって整った時に、最高のパフォーマンスができると言われているが、試合の最中に技術力が上下するとは考えにくい。また、ケガや病気、疲労で体力が落ちることがあっても、急激に上がるとは考えられない。結局、『心(精神力)』が、試合中にパフォーマンスに影響を与える割合が多いと考えられる。

卓球は、失点による「しまった」が心を占めてしまい易い競技だと思う。「しまった」「どうしよう」と考えている間は、心が “過去” に向けられており、心のバランスは悪い状態にあるのではないだろうか。「どうしよう」が解決策を得て「こうする」と考えると心が “現在” へ移り、心のバランスが良くなる。失点が重なれば、 “過去” をひきずってしまい、パフォーマンスが悪くなる。
だから、試合中に “流れ” ができ、“流れ” を取り戻さなければ、ズルズルと失点を重ねてしまう。

では、水谷・伊藤ペアはナゼ “流れ” を取り戻すことができたのだろうか。
私は、積み重ねてきた経験値によるものではないかと思う。経験値が高ければ、解決策を見出しやすい、“流れ” の取り戻し方も知っている、相手の心理状態も察知できる、そして心に余裕ができる。
心が騒がない冷静さが、勝利の秘訣ではないでしょうか。もちろん、技術力も体力もあってのことですが・・・


決勝戦で中国ペアに逆転勝利をし、オリンピックで念願の一位になって「おめでとうございます!」そして「感動をありがとう!」

あばれ狼 ― 池波正太郎 ― ネタバレなしの読後感想


久しぶりに読んだ池波正太郎が書いた7編で組まれたこの本は、読み応え十分でした。最初の3編は、渡世人や浪人が絡むオムニバスになっており、それぞれが抱えた事情や思いが、命がけの行動をとらせる構成になっています。
あとの4編は、真田幸村で有名な真田家にかかわった人が主人公となったものです。
どの作品にも言えることなのですが、池波正太郎が書いた文章は、容易に書かれた人物を思い浮かべることができるという素晴らしさがあります。容貌や姿かたちが克明に描かれているからではありません。心情が克明に描かれていることによって、容貌や姿かたちを思い浮かべることができるのです。

あばれ狼

カバー装画 村上豊


<収録>
・さいころ蟲
・あばれ狼
・盗賊の宿
・白い密使
・角兵衛狂乱図
・幻影の城
・男の城




野州・真岡の小栗一家と竹原一家の大喧嘩にやとわれて人を殺めてしまった渡世人たち ― その不幸な生い立ちゆえに敵・味方をこえて結ばれる男の友情を描く連作「さいころ蟲」「あばれ狼」「盗賊の宿」。多淫な母親の若き日の嘘によって翻弄され続けた樋口角兵衛の生涯をたどる「角兵衛狂乱図」など、畢生の大作『真田太平記』の脇役たちを描いた4編の、全7編を収録。(新潮文庫 裏表紙から)



<作家紹介>
1923(大正12)年、東京に生まれる。1955年東京都職員を退職し、作家生活に入る。新国劇の舞台で多くの戯曲を発表し、60年第43回直木賞を「錯乱」によって受賞。77年第11回吉川英治文学賞を「鬼平犯科帳」その他により受賞する。作品に「剣客商売」「その男」「真田太平記」“必殺仕掛人”シリーズ等多数。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR