FC2ブログ

栄西


・栄西 喫茶養生記

 鎌倉時代、広い知識と行動力で、先進的知識人として活躍した栄西は、二度にわたり宋に入り、中国文化の摂取につとめた。
そして、中国の禅院で行われていた飲茶の習慣を日本でも行うべく、当地で得た茶の実を建仁寺境内に植栽し、日本の茶の始祖となる。
本書は、「養生の法」として喫茶を説いた茶書の古典。(講談社学術文庫 裏表紙から)

栄西 喫茶養生記

カバーデザイン 山岸義明デザイン室





スポンサーサイト



三浦朱門(みうら しゅもん)


<作家紹介>
1926年1月12日東京生。東大言語学科卒。51年教師生活の傍ら発表した処女作「画鬼」(「冥府山水図」と改題)で認められ文壇に登場。
「セルロイドの塔」で作家的地位確立。代表作「箱庭」(新潮文学賞)「犠牲」。(集英社文庫から)





・おやじの「遺言」
 登校拒否、家庭内暴力、近親相姦・・・・。親子をはじめ、今、あらゆる人間関係に歪みが生じ始めた。“母性愛という名の座敷牢が子供に暴力を振るわせるのだ。” ”未婚の母は文明の成熟がもたらしたものだ。“と著者はいう―。
家庭と人間のあり方を核に現代社会を鋭く分析し続けてきた三浦朱門が、次代への新たな人間観、社会観を提言する。(PHP文庫 裏表紙から)

おやじの「遺言」 三浦朱門

カバー装幀 中島かほる



・わかもの天国
 常識とアベコベの珍現象が氾濫するオカシナ時代、男らしさとはいったい、何なのか? 男のやさしさの分からぬ女どもやなよなよした無責任な若者へ、中年オヤジが悠然としたユーモアで辛辣にはなつ苦言。「ハゲ・デブ・ステテコ何故悪い」「女房を甘やかすな」「女の裸は美しいか」など、自由自在に世相を斬る痛快・爽快・愉快エッセイ(集英社文庫 裏表紙から)

わかもの天国 三浦朱門

カバー装画 サトウ サンペイ

楽天ブックス 三浦朱門の著書の購入はこちら







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR