FC2ブログ

株価の下落(2020年3月9日~)

2020年3月9日(月曜日)から始まった東証株価指数の下落は、新型コロナウイルスによる経済への影響をハッキリと示すことになった。
イベントの休止延長と小中高校の休校の要請を安倍首相が口にのぼらせた時には、既に経済への大きな影響が懸念されたが、それから1週間の間は、投資家達が平気を装っていたにすぎない。
トレンド(趨勢)というものは、いったん方向が決まると、なかなか向きを変えようとはしない。ヨーロッパやアメリカでも感染が拡がり、株価も同時に急落をしている。プログラム売買による買いにより株価が戻る日もあるだろうが、まだ下がり続けるのではないかと予想する。
政府による株式市場への介入に反対する。いま資金を注いでも、売り逃げようとする投資家を助けるだけで、年金資産の更なる目減りを引き起こすことに繋がる。市場のことは、市場に任せるべきだ。

今現在、新型コロナウイルスによる需要の高まりにより不足している物にばかり目がいっているが、中国から製品や部品の輸入ができないことにより不足しているものがとても多い。
このままいくと、色々なものが店頭などから消えてしまい、手に入らなくなる恐れがある。
経済産業省や商工会議所などの産業を支援する団体へ希望する。輸入が止まっている製品・部品を国内で生産できるように、そして不足なく入手できるように交通整理の役割を負ってほしい。

製品・部品の不足は、失業や倒産を引き起こす恐れがある。緊急融資も必要だろうが、物の流れをとめないことが、より大切なのはいうまでもないだろ。

新型コロナウイルス ― 経済損失

昨日、名古屋から埼玉へ行くために東海道新幹線を利用したのですが、乗客数の少なさに驚かされました。
午後12時12分発東京行きの12号車の中ほどから写真を撮りましたが、平常時であれば2列席は満席で、3列席も真ん中の席のいくつかが埋まっているのが、この時間帯の様子なのですが、ご覧の通りに4分の一程度の席しか埋まっていない状態です。
名古屋駅構内のお土産店も同じような状態で、閑古鳥が鳴くような風景が見られた。
不要不急の外出を控えようとした結果でもあるが、外国人観光客の激減による結果でもあるようだ。

新幹線車内

多くの人が人ごみに出ることやめ、感染防止のために一役買っているが、経済的な損失がとても大きい。
物流業、整体師など私の知人たちも売り上げの激減に悲鳴を上げている。おそらく、感染防止特需の無い業種以外は大小があっても減益となっているに違いない。
休校による休業補償だけではなく、新型コロナウイルスによる経済的な影響を受けている事業に対して、補償ないしは無金利融資による対策をして欲しいと願っている。
出口が見えない中、明日が心配でならない。

JRA無観客開催

2月29日と3月1日に中山、京都、中京の各競馬場で開催された中央競馬(JRA)の全72レースが、新型コロナウイルスの感染防止のために無観客で行われた。
現在は、インターネットや電話での投票が約70%を占めているらしいので、競馬場や場外馬券売り場での投票をあきらめても成立したのだろが、お金の回転という意味合いでの経済的な影響が大きい。
無観客で開催をする期限を設けていないので、いつまで続くのか分からないが困ったものだ。なにが困ったかというと、小生は投票のための資金を『UMACA(ウマカ)』というJRAが作ったキャッシュレスカードに入れたままにしているが、お金をそれから引き出すことが出来ないのだ。インターネット投票をしようにも、投票資金がないため週末をぼんやりと過ごしている。
ギャンブル嫌いの人から見れば、「バカな奴」なのだろうけれどもつらい。

小生は、競馬が好きなわけではない。小遣い稼ぎに競馬を利用させてもらっているにすぎない。心の根元に「損をしたくない」という気持ちがあるので、パチンコやスロットマシンなどの、テクニックや機械のプログラムに対する深い知識を必要とするものを敬して遠ざけている。
馬や騎手の名前を覚えて投票に生かしているわけではない。ましてや血統がどうだこうだとか、競馬場のコースの特性がどうだこうだとかに関心がない。

ヒボナッチ数をご存じだろうか、
0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, …
説明すると左端の数0に二番目の数1を足すと1、二番目の数1に三番目の数1を足すと2、三番目の数1に四番目の数2を足すと3のように、この数列中のある数は、前の二つの数の和になる。この数列をヒボナッチ数列という。
ルーレット、ブラックジャックなどのギャンブルを、この数列の数の増え方を応用して攻略する考え方がある。最初のゲームに1ドルを賭ける。勝てばいいが負けた場合は、次のゲームで1ドルを賭ける。ここで勝てばいいが負けた場合は、次のゲームで2ドル賭ける。それでも負けた場合は3ドル賭けるといったように、それまでの負けを取り返すために決まりに応じて賭け金を増やしていく方法である。ご覧のように最初のうちの数は余り増えないが、急激な上昇をしめす。
競馬にも当然あてはまるが、多くの場合はこの賭け金の上昇によって、資金がパンクしてしまう。
例えば、本命(◎)と対抗(〇)が1着と2着になる確率を考えると、負けが続くことが考えられるため、賭け金がいくらまで上昇するか予想もつかない。

一攫千金は狙えないが、負けが多く続かないパターンを使って小遣いを稼がせていただいています。時々予想外に多い収入もあるので、この無観客開催は痛恨の極み。
競馬好きの方が、ご自身の予想と合わせて投票されると良い結果になるのでは

臨時休校の要請

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、安倍首相が全国すべての小中高校と特別支援学校に対して、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請したことによる新たな段階に入った最初の土曜日に、所用があったため地下鉄を使い街中へと足を運んだ。
思いのほか人出があるように感じたが、外国人観光客と思われる姿を見ることもがなかった。地下鉄に乗っている人の数は少なく、平常の3分の2ぐらいだったのではないかと思う。
また、娘が通っていた学校で卒業式が執り行われたが、卒業生、教師、来賓客だけの参加になってしまった。木曜日までは、窓や扉を解放して換気を良くした状態で保護者を含めた式が行われる予定だったが、保護者の参加が見送られてしまった。残念だ。

だいたい3月15日まで休業などの自粛を発表している施設が多いが、はたして感染に沈静化を見ることが出来るのだろうか。『神のみぞ知る』という状態だが、たとえ結果が思わしくなくても政府を非難することはやめようと思う。
いま政府に求めることは、新型コロナウイルスによって引き起こされた、様々な不安を解消または軽減してくれる明確な指針・方策を示してくれることだ。
子供が抱える不安、主婦が抱える不安、高齢者が抱える不安、医療関係者が抱える、教育関係者が抱える不安、事業経営者が抱える不安が様々な形でうずたかく積もっている。日がたつことにより、更に増していくことになるだろう。

経済面では株価が下落を続けているが、反面では感染が世界中で見られるようになったため、円売りがおさまり円高(有事の円買い)に向かっている。経済が停滞している中でも電気ガスを使い続けなければならないので、この円高は歓迎すべきだろう。
しかし、中国からの物資輸入に滞りがみられるので、生活への影響が心配だ。野菜などの食品はどうなのだろう。

余談ですが、スリランカに住む友人によると、スリランカで認められた感染者1名は中国からの観光客であり、既に治おり帰国したそうです。
やっぱり、高温多湿だと感染がおきにくいのかな。

新型コロナウイルスに対する基本方針

週が明けた2月25日から二日間合計で、1000円近くの値下がりをした東京株式市場は、明らかに下降のトレンドに入ったように思える。
Jリーグの一部期間の試合の延期のほか、多くのコンサートなどのイベントが中止や延期が発表され、更に雰囲気が委縮のほうへと歩みを進めている。
どうにも良くない。

政府が発表した、新型コロナウイルスに対する基本方針へのガッカリ感が強い。急を要する現状であるにもかかわらず、国が主導するのではなく、決定の多くを医療機関などの民間に丸投げするかのような骨細の方針に終わってしまっている。
クルーズ船『プリンセス・ダイヤモンド号』においての感染拡大防止に失敗をしてからは、なにか意欲を欠いたような政府を残念に思う。
聞くところによれば、日本政府が計上した新型コロナウイルス対策への予算が153億円であり、アメリカの2800億円、台湾の2200億円に比べてあまりにも少額さにあきれ返る。観光業のピンチをはじめとした、経済活動の問題への対策を検討していなかったのだろうか。25日には、中国人観光客の宿泊を事業の幹としていた愛知県の老舗旅館が、経営の継続をあきらめてしまっている。このままの状態がしばらく続いただけでも、次々と同じようなことが起こりえるが、代議士さんたちは、このことを想像できないのだろうか。新型コロナウイルス感染症対策本部の会合に欠席して、後援会に行った大臣に反省を求める暇などないだろう。
国民の心が少しずつ不安へと動いていますよ。マスクが手に入らないし、満員電車に乗ってでも仕事に行かなければならないし、子供を学校へ送り出さなければならないし、店を開けてもお客さんの数が減っているし、テレワークなんて慣れない形で仕事をしなければならないし、ウイルスに感染して発症しても、どうしたらいいか良くわからないし・・・

基本方針を決める会議のあり方に問題があったのではないだろうか。
会議の目的が曖昧だと、事なかれ主義におちいり中途半端な結論になってしまう。新型コロナウイルス対策の基本方針を決める会議でも、この状態だったと思われる。
「感染拡大防止が一番大切。でも医療機関に多くの負担はできないし、法的なバックグラウンドが無いから、あまり強権的なことも言えない。」この様な意識のもとでは、対策の方針にブレーキが強くかけられる。
感染防止拡大方針を立てることがまず大切であり、それにまつわる課題を次のステップで話し合う必要がある。ブレーキを踏みながらアクセルを踏むような意識下では、だれもが考える必要最低限のあたりまえの結論になってしまう。

この2週間がヤマ場だというが、国民の協力を得たいのであれば、もっと明確な方針を示してほしい。そして、各省庁や自治体は基本方針に沿った体制を築いて欲しいものです。

それにしても、マスクが店頭の並ぶ日は、いつになるのだろう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR