FC2ブログ

F・ポール・ウィルソン


・城塞 ザ・キープ(上)

 1941年、ドイツ軍の一部隊が、トランシルヴァニア山脈を縫う山道脇の、小さな城砦に駐屯した。前方は峡谷、後方は断崖の天然の要害だった。
変っているのは、城塞の所有者は不明ながら、毎年維持費がスイスの銀行から送られてきていることと、城内至るところに、奇妙な形の十字架があることだった。
異変は駐屯2日目に起きた。壁石を動かした兵士が、首を引きちぎられた死体となって発見されたのだ。そして、完全な密室の中で、もう一人の兵士が喉を引き裂かれて死んでいた。
パルチザンの仕業か、それともこの城には何ものかが棲みついているのか?やがて想像を絶するかたちで、第三の殺人が発生した・・・。(角川文庫 カバーそでから)

城塞 ザ・キープ(上) F・ポール・ウィルソン

カバー写真 CIC提供



・城塞 ザ・キープ(下)

 最初の兵士の死から一週間あまり。ナチスが拉致したユダヤ人学者クーザとその娘、マグダの力によって、城塞の謎は徐々に解明されつつあった。
二人は一夜、不思議なものを見たのだ。それこそまさしく、この城塞の主にちがいなかった。だがその姿はあまりにおぞましかった・・・・
そして今、グレンと名乗る、正体不明の男が現れた。城塞について詳細な知識を持つこの男は何者なのか? 男に次第に惹かれ始めたマグダは、ある日、男の部屋で不思議な物を見た。だがそれが、城塞の秘密を解く重要な鍵であることは知る由もなかった・・・・
吸血鬼伝説が息づくルーマニアの古城を舞台に、斬新な手法で描く恐怖小説の傑作。(角川文庫 カバーそでから)

城塞 ザ・キープ(下) F・ポール・ウィルソン

カバー写真 CIC提供

















スポンサーサイト



小沢昭一(おざわ しょういち)


・小沢昭一的こころ 旅ゆけば

 日本中の平均的ダメお父さんの胸の内を語り続けて十数年、驚異の長寿番組としてTBSラジオ系絶賛放送中の「小沢昭一の小沢昭一的こころ」。
そのスタジオから、食い物と女とお土産にしか目のないプロデューサー氏と旅に出た。「花は霧島、混合入浴旅」「伊奈は七谷、人妻下り旅」そして「なぜか埼玉、今なぜ買出し旅」など七話。マジメに生きる巷のかたがたに捧げる文庫オリジナル版。(新潮文庫 裏表紙から)

旅ゆけば 小沢昭一的こころ 小沢昭一

カバー装画 灘本唯人



・小沢昭一的こころ 旅まくら

 いま流行の“経営戦略”について考えるため、なぜか播州三木を訪ねる旅。遠い少年の日に友達だった幻のチョウセンブナを探して那須、塩原をめぐる旅など。
崇高な目的のもと、混浴露天風呂など目もくれず(帰りに寄って)、ひたすら人生の奥義をきわめる旅また旅。日本中の平均的お父さんのけなげな胸の内を語って大好評の「小沢昭一の小沢昭一的こころ」文庫オリジナル・シリーズ第3作・(新潮文庫 裏表紙から)

小沢昭一的こころ 旅まくら

カバー装画 灘本唯人



・小沢昭一的こころ 泣け!お父さん

 社内人事、息子の教育、住宅ローンの返済・・・・サラリーマンのお父さんには実にきびしい明け暮れ。そんなお父さんの大敵、ストレスについて徹底的に考察し、撃退の秘訣をご披露する「泣け、お父さん、ストレスについて・・・・考える」。一方、“女の時代” について意見を開陳した「子持ち好きですについて・・・・考える」など。
面白くてためになる文庫本オリジナル「小沢昭一的こころ」第4作・(新潮文庫 裏表紙から)


カバー装画 灘本唯人
















松下幸之助(まつした こうのすけ)


<作家紹介>
1894(明治27)年生れ。1918年松下電気器具製作所を設立。35年に松下電器産業株式会社社長となる。61年に会長、73年に相談役に就任。PHP研究所所長など多数の役職を兼ねている。(文春文庫)





・なぜ

 戦後三十年のあいだ、日本は世界でも稀な復興発展ぶりを示し、一応は繁栄の道を歩んできた。しかし、そのかげには物心両面にわたって「なぜ」という問い返しをする必要があるのではないか。この本は、その問いに答えたもので、文庫版には新たに「戦後三十年に思う」「現代三方一両損」など三篇がつけ加えられている。(文春文庫 裏表紙から)

なぜ 松下幸之助

カバー装画 丹阿弥丹波子

















森敦(もり あつし)


・月山・鳥海山


 出羽の霊山・月山の山ふところにある破れ寺に、ひとりの男が辿りつく。雪に閉ざされた山間の村で村人と暮らしをともにするこの男が知った此の世ならぬ幽明の世界。
芥川賞受賞作「月山」と、その姉妹篇ともいうべき「天沼」、著者の〈月山への道〉が浮き彫りにされる短篇集「鳥海山」とあわせて、一巻とした。(文春文庫 裏表紙から)

月山・鳥海山 森敦

カバー装画 司 修

















ロバート・ラドラム


<作家紹介>
1927年、ニューヨークに生まれる。ウェストリアン大学卒業後、俳優、声優、演出家、劇場主を経験したあと、40歳で作家に転身。1971年、『スカ―ラッチ家の遺産』を発表し、一躍脚光を浴びる。以来、ベスト・セラー作家の名をほしいままにしている。他に『暗殺者』『オスターマンの週末』『囁く声』など。(講談社文庫)





・砕かれた双子座(上)

 夜明け前、ギリシャのテッサロニキをひそかに出発した貨物列車。積みこまれた小さな箱には、とてつもない秘密が隠されていた。青年実業家ヴィットリオは、その秘密のために一族全員を殺され、英独ヴァチカンが繰り広げる凄絶な闘いに巻きこまれていく。ミステリーの名手ロバート・ラドラム、会心の巨篇。(講談社文庫 裏表紙から)

砕かれた双子座(上) ロバート・ラドラム

カバー装画 野中昇



・砕かれた双子座(下)

 幾多の人命を奪った「聖なる櫃」の秘密とは? その秘密を暴こうとした実業家ヴィクターもまた命を狙われる。奇しくも敵味方にわかれて櫃の行方を追う彼の双子の息子アンドリューとアドリアンは、ついにアルプス山中で死をかけて対決する。
米ベストセラー作家ロバート・ラドラムの迫真のミステリー巨篇。(講談社文庫 裏表紙から)

砕かれた双子座(下) ロバート・ラドラム

カバー装画 野中昇
















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR