FC2ブログ

策謀 ― 堂場瞬一 ― ネタバレなしの読後感想

堂場瞬一のひとつの十八番、警察推理小説です。殺人と放火、別々の事件を再捜査する二人の刑事が主人公です。
顔をあわせれば互いに揶揄しあう仲であり、本人たちは馬が合わないと思っているにもかかわらず、周りからは名コンビと思われる不思議な関係が、物語の味付けになっている。「どちらかと言えば嫌いなやつ♪」という、JTのCMで流れていたキヨサク(MONGOL800/UKULELE GYPSY)さんの歌詞を、ふと思い出してしまうような関係です。
足を使って捜査をするタイプと、調査資料を紐解いていくタイプとが融合して事件を解決していく展開は、まさに推理小説の醍醐味といえるでしょう。ホームズとワトソン、ポワロとヘイスティングスの様にとはいかず、思わず相手をけなしてしまうが、クタクタになって捜査をやり遂げる、ちょっと泥臭い日本の刑事の活躍を楽しんでください。
周りを固める登場人物も、表情が見えるくらいに豊かに描かれており、俳優だったら誰がはまるかな? などと考えてしまうほどです。

小説には、終わらせ方が色々ありますが、この小説の終わらせ方にはとても好感が持てます。事件の解決だけではなく、途中にちりばめられたいくつかの疑問も解かれ、事件の裏にある心をも明かしてくれる丁寧さがあります。
お勧めの一冊です。

策謀 堂場瞬一

カバー装画 茂本ヒデキチ




五年前、渋谷で殺人を犯し国際手配されていた船田徹が突如帰国するとの情報が、追跡捜査係の西川大和の許に入った。逮捕されると分かりながら、なぜ船田は帰国するのか? 無事逮捕できたものの、黙秘を続ける船田の態度に西川は不審を抱くのだった ―。
一方、五年前のビル放火事件の洗い直しを続ける沖田大輝は、犯行の動機に疑問を感じていた。細かい手掛かりを求め奔走する沖田。やがて、それぞれの事件は、時を経て再び動き始める ―。
書下ろし長篇警察小説。(ハルキ文庫 カバー裏表紙から)




<作家紹介>
1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆し、2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。主な著書に「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ(中央公論社)、『ヒート』(実業之日本社)、『八月からの手紙』(講談社)、『異境』(小学館)、「アナザーフェイス」シリーズ(文藝春秋)などがある。(ハルキ文庫)





スポンサーサイト



Qrossの女 ― 誉田哲也 ― ネタバレなしの読後感想


インターネットの中でプライバシーがさらされしまう社会の理不尽さと、嫉妬が渦巻く芸能界の一面を描いた、『ストロベリーナイト』などの警察小説で知られる誉田哲也ならではの推理小説仕立ての作品です。
相変わらずSNSへの書き込みなどで芸能人や元芸能人への誹謗・中傷が続いているようですが、インターネットが持つ闇の力によって、強迫観念に囚われるように仕向ける卑怯極まりない仕打ちは、小説のネタになるほど巧妙であくどいものなのだなと改めて思わされます。
そして、一夜にして話題や時には人気を作ってしまう芸能界の力と不思議さも、この作品の根幹にあります。

テンポよく進む展開は小気味よく、一気に読みたくなるような筆運びは、さすがだと思います。 “殺し” の無い推理小説をお探しになりたい方は、是非こちらをお読みください。

Qurosの女 誉田哲也

カバー写真 Radius Images/amanaimages Getty Images




世間を騒がす謎のCM美女「Qrosの女」の素性を暴くべく奮闘する「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太。CMで彼女と共演した人気俳優・藤井涼介の自宅を、先輩記者・栗山と一緒に張り込むとそこに当人が⁉ 藤井との熱愛スクープ・ゲット!それともリーク?錯綜するネット情報と悪意。怒涛のエンタメ誕生‼(講談社文庫 裏表紙から)




<作家紹介>
1969年東京生まれ。2002年『妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞、03年『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。『ストロベリーナイト』『ジウ』といった警察小説や『武士道シックスティーン』などの青春小説で多くの読者を獲得する。他の著書に『ヒトリシズカ』『増山超能力事務所』など。(双葉文庫から)





宮部みゆき(みやべ みゆき) 凶悪殺人事件からメルヘェンまで


<作家紹介>
1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。'97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。'99年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。’07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『希望荘』などがある。(新潮文庫から)





・小暮写眞館Ⅰ

 築三十三年、木造二階建て。臨死状態の古びた商店街にひっそりと佇む「小暮写眞館」。都立三雲高校に通う花菱栄一は、両親の趣味により、この写真館に住むことになる。そして、弟を含めた家族四人の暮らしが始まった矢先、ひとりの女子高生が持ち込んだ不思議な写真をめぐる謎に、栄一自身も関わることになり・・・・・
写真に秘められた物語を解き明かす、心温まる現代ミステリー。(新潮文庫 裏表紙から)


カバー装画 げみ


・パーフェクト・ブルー

 高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、焼き殺されるというショッキングな事件が起こった。俺 ― 元警察犬のマサは、現在の飼い主、蓮見探偵事務所の調査員、佳代子と共に落ちこぼれの少年、諸岡進也を探し当て、自宅に帰る途中、その現場に遭遇する。
犬の一人称という斬新なスタイルで、社会的テーマを描く、爽快な読後感の長編デビュー作、怒涛の文庫版。(創元推理文庫 裏表紙から)

パーフェクト・ブルー 宮部みゆき

カバー装画 ひらいたかこ

パーフェクト・ブルー ― 宮部みゆき ― ネタバレなしの読後感想


著者宮部みゆきがデビュー2年後に出版した、最初の長編小説という色眼鏡なしで読んでも、ときどきハッとさせられるような言い回しがあるなど、才能の豊かさを感じざるを得ない推理小説です。

元警察犬の口を借りて、ストーリーの重要な部分を語らせるという手法を使っているが、主人公として扱っているわけではなく、実際には、これといった主人公のない仕立てです。これが成功したことは、物語の最後にわかります。
ストーリー展開は、少し無理があるかなと思わせるものがあり、進み具合も冗長な部分があり、良いタイミングで “ハイッ” とばかりに次へと展開していく後の作品と比べると物足りなさを感じる。少しばかり物語を複雑にしすぎたのではないだろうか。
登場人物の作りこみも少し足りないように感じ、個性があまり感じられない。

作家宮部みゆきの成長を振り返るのに、必須の作品だと思います。是非読んでみて下さい。

パーフェクト・ブルー 宮部みゆき

カバー装画 ひらいたかこ




高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、焼き殺されるというショッキングな事件が起こった。俺 ― 元警察犬のマサは、現在の飼い主、蓮見探偵事務所の調査員、佳代子と共に落ちこぼれの少年、諸岡進也を探し当て、自宅に帰る途中、その現場に遭遇する。
犬の一人称という斬新なスタイルで、社会的テーマを描く、爽快な読後感の長編デビュー作、怒涛の文庫版。(創元推理文庫 裏表紙から)





<作家紹介>
1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。'97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。'99年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。’07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『希望荘』などがある。(新潮文庫から)




キケン ― 有川浩 ― ネタバレなしの読後感想


遊び心いっぱいの、大学生部活動学園小説(ちょっと長いかな)です。拉致同然の勧誘によって成南電気工科大学機械制御研究部(通称:キケン)の部員となった主人公が、たった二人の個性たっぷりの先輩部員(2回生)を中心にまき起こった、ハチャメチャな出来事を思い出として語るスタイルの小説です。

学生にとっての部活動は、学業よりも濃くなりがちであるうえに、強烈な個性と指導力で部を切り回す先輩の存在は新入生にとって、時に畏怖の対象であり、時に未知への導き手となり、主人公に濃い体験を与えている。
ただ、単なるハチャメチャな学生生活を描いたのでもなく、懐古主義的な趣のある小説でもない。良質な小説です。是非読んでみて下さい。

それにしても女性である著者が、ここまで男子学生を上手く描いたことに驚かされる。まるで工学系の大学に通っていたのではないかと思うほど、言動がリアルで違和感が全くない。

キケン 有川浩

カバー装画 徒花スクモ




ごく一般的な工科大学である成南電気工科大学のサークル「機械制御研究部」、略称【キケン】。部長・上野、副部長・大神の二人に率いられたこの集団は、日々繰り広げられる、人間の所業とは思えない事件、犯罪スレスレの実験や破壊行為から、キケン=危険として周囲から忌み畏れられていた。これは、理系男子たちの爆発的熱量と共に駆け抜けた、その黄金時代を描く青春物語である。(新潮文庫 裏表紙から)




<作家紹介>
高知県生まれ。2004年、第10回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作『塩の街』でデビュー。続く『空の中』『海の底』と共に通称「自衛隊三部作」として注目を集める。
「図書館戦争」シリーズは本編完結後もアニメ化などで大ブレイクを続け、2010年には『フリーター家を買う。』がドラマ化、2011年には『阪急電車』が映画化されるなど、その作品は多分野にわたり話題を呼んでいる。「ダ・ヴィンチ」(2012年1月号)〈BOOK OF THE YEAR総合篇〉で『県庁おもてなし課』が第一位を獲得、〈好きな作家ランキング女性編〉でも第一位など、幅広い世代から支持を受ける。
著書に『レインツリーの国』『ラブコメ今昔』『シアター!』『キケン』『ストーリー・セラー』『ヒア・カムズ・ザ・サン』『空飛ぶ広報室』『旅猫リポート』などがある。(文春文庫から)





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR