FC2ブログ

増上寺刃傷 ― 松本清張 ― ネタバレなしの読後感想


推理小説の大家、松本清張が書いた歴史小説の短編集です。
司馬遼太郎や吉川英治を読みなれている方は、ドキッとするような文章の構成に驚くのではないかと思います。
この短編集は、歴史の中に埋もれてしまうような出来事を題材に、欲、妬み、猜疑心、嫉妬心が人にもたらす末路を描いています。
是非読んでみてください。

増上寺刃傷

カバー装画 倉橋三郎

<収録>
・願望
・奉公人組
・増上寺刃傷
・乱気
・雀一羽
・疑惑
・西蓮寺の参詣人
・贋札つくり
・明治金沢事件

楽天ブックス 松本清張 「増上寺刃傷」の購入はこちら




将軍家光から重恩を受けながら殉死せず僧形となった祖父と、遊里で横死した兄。「傲慢な男」と不評を買い、それ故に己の死を招いた永井尚長の心にも、この二つの屈辱感が影をさしていたのだった。武家社会の法の中で、自らの生を見誤った者たちを鋭く描く著者会心の歴史傑作短編集。表題作ほか九編収録。(講談社文庫 裏表紙から)





<作家紹介>
明治42(1909)年、福岡県小倉市(現・北九州市)に生れる。昭和28年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞。31年、それまで勤めていた朝日新聞社広告部を退職し、作家生活に入る。38年「日本の黒い霧」などの業績によりジャーナリスト会議賞受賞。45年菊池寛賞受賞。「点と線」「日本の黒い霧」「現代官僚論」「昭和史発掘」「古代史疑」など多方面にわたる多くの著作があり、「松本清張全集」(Ⅰ期38巻、Ⅱ期18巻、文藝春秋)が刊行されている。(文春文庫 カバーそでから)






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR