FC2ブログ

横山秀夫(よこやま ひでお) 元新聞記者目線の重厚なミステリー


<作家紹介>
1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞記者を経て、作家として独立。「陰の季節」で松本清張賞、「動機」で日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞。主な著書に『出口のない海』(講談社文庫)、『第三の時効』(集英社文庫)、『クライマーズ・ハイ』(文春文庫)、『ルパンの消息』(光文社)、『震度0』(朝日文庫)、『64』(文春文庫)などがある。(講談社文庫から)


・半落ち
「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自主までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。
梶が完全に “落ち” ないのはなぜなのか、その胸に秘めている思いとは ―。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。(講談社文庫 裏表紙から)

半落ち 横山秀夫

カバー写真 PPS通信社

楽天ブックス 横山秀夫 「半落ち」の購入はこちら




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR