FC2ブログ

大岡信(おおおか しん)


<作家紹介>
1931年(昭和6)、静岡県三島市に生まれる。1953年、東大文学部国文学科卒業、読売新聞外報部記者を経て、明治大学教授。詩集に『記憶と現在』『大岡信詩集』『悲歌と祝祷』『春 少女に』ほか。評論集に『超現実と抒情』『蕩児の家系』(歴呈賞)『紀貫之』(読売文学賞)『岡倉天心』『詩への架橋』『うたげと孤心』『日本詩歌紀行』ほか。随筆集に『彩耳記』『狩月記』『青き麦萌ゆ』ほか。劇作や美術書の訳業もある。(中公文庫から)





・肉眼の思想 現代芸術の意味

 現代芸術は今大きな過渡期を渡っている。その瀬の荒い流れ、大小さまざまな波にもまれつつ、自分の位置を確かめ、全体の展望を得ようと努力している一人の抒情詩人の願望と思索と批評の書。(中公文庫 裏表紙から)

肉眼の思想 大岡信

カバー装画 加納光於
















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR