FC2ブログ

清水一行(しみず いっこう)


<作家紹介>
昭和六年(1931)―。東京都に生まれる。早稲田大学法学部を中退後、週刊誌のフリー・ライターとして活躍。昭和四一年「小説兜町(しま)」で文壇にデビュー。綿密な取材とパワフルな筆致で次々に企業小説の力作を発表。昭和50年には「動脈列島」で第28回日本推理作家協会賞を受賞した。(角川文庫 カバーそでから)




・派閥渦紋
 日本有数の財閥系生保、結城生命相互。その結城家で唯一の男子として生まれながら、不義の子ゆえに傍系の昭和製鉄で勤務し続ける結城正男は、いつか創業者直系の庶子として結城生命相互の重役に迎えられる日を夢見ていた。だがある日、その可能性が皆無であることを思い知らされた正男は、昭和製鉄内での出世に目標を切替えた。そして熾烈な派閥抗争の渦中に、積極的に身を投じていくのだが・・・・。人生の転機で大きな勝負に出た一課長の掛けの成否は?(角川文庫 裏表紙から)


カバー装画 生頼範義


・首都圏銀行
 地方銀行ビッグ・6の一つにランクされる千葉の京葉銀行。京葉工業地帯の驚異的な成長を背景に、預金高を年率20%強伸ばし続けてきたこの銀行に、今、頭取の椅子を巡り凄まじい内部抗争が起きようとしていた
元頭取丹治得蔵の懐刀といわれる秘書役の知野喬は、次期頭取を狙う副頭取滝上一派の陰謀を察知し、素早く対応策を練り上げた。色の浅黒い精悍なマスクの知野は抜群の知略の持ち主である。精力的に劣勢の頭取派の危機を切り抜けるために彼が案出した妙案とは・・・・。
利権に群がる男たちの熾烈な権力争いを通じて、首都圏銀行の実態を鋭く抉る傑作長編企業小説!(角川文庫 カバーそでから)


カバー装画 生頼範義



・虚業集団
 戦後の混乱期に戸籍を消された上条健策は、日本経済界の裏街道を歩く「硬派金融」界の一匹狼としての地位を固めた。その彼に、有望会社と評判の高い里見重工の会長名義の25万株券を担保とする融資話が持ち込まれた。権謀術策入り乱れる裏金融界の裏面に鋭いメスを入れた異色経済小説。(集英社文庫 裏表紙から)


カバー装画 沢田弘


・小説兜町(しま)
 山鹿悌司は、証券界の『天皇』と称されている興業証券社長・大戸元一に乞われて、スターリン暴落以来、混沌としていた証券界に復帰した。緻密な情勢分析と、生来の株に対する勘と抜群な外交手腕を駆使し、“岩戸相場”の中で不滅とまで言われる大相場と、株の大衆化ブームを作り上げた。持てる情熱の凡てを相場に賭けた男の半生を描いた異色経済小説。(集英社文庫 裏表紙から)


カバー装画 沢田弘
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR