FC2ブログ

高橋義孝(たかはし よしたか)


<作家紹介>
ドイツ文学者。評論家。1913年3月27日、東京神田猿楽町生れ。東大独文科卒。九大、慶大、名古屋大の各教授を経る。桐朋学園大教授。東京都教育委員、NHK解説委員、横綱審議委員会委員長。
著書に『森鴎外』(第6回読売文学賞)『文学研究の諸問題』『近代芸術観の成立』『文学非芸術論』。訳書にトーマス・マン「トーニオ・クレーゲル」ゲーテ「ファウスト」ジンメル「レンブラント」フロイト「夢判断」など多数。(文春文庫から)





・大人のしつけ 紳士のやせがまん
 しちっ堅い理屈は抜きにして、怒苦笑百遍、意おのずから通じる ―。まずは近頃気になる現代人のしつけについての不満、憤怒、ヤセ我慢たっぷりの試聴質。ついで身だしなみや趣味、贈り物、小物をめぐる粋な四畳半。さらに酒肴や器も吟味した味の特選街、海外ツアーや言葉と本の教養コーナー。フィナーレは熟年人生談話室まで取揃えた “大人のためのエッセイ博覧会” にご案内します。(新潮文庫 裏表紙から)

大人のしつけ 紳士のやせがまん 高橋義孝

カバー装画 柳原良平
楽天ブックス 高橋義孝 「大人のしつけ 紳士のやせがまん」の購入はこちら



・現代不作法読本
 人間どんな聖人君子でもポーズなしには生きられない。その生きるためのポーズを教える辛口随筆 ― 処世訓の第一級品!
現代の不作法百態を辛辣なペンで抉りだして痛快無類、ときに著者自身の不作法もユーモラスにさらけだす。捧腹絶倒のうちに心の隅の劣等感を吹きとばし、飛切り上等のマナーが身につく “現代礼儀作法入門書”。(文春文庫 裏表紙から)

現代不作法読本 高橋義孝

カバー装画 東海林さだお



・まぬけの効用
 つねに弱者の味方である江戸ッ子教授が、まぬけの効用、無学の効用、思い上がりの効用、猜疑の効用、演技の効用を説いて、愚劣な劣等感に思い悩める人々、一生下積みになっているサラリーマンの鬱憤をはらしてくれる毒舌の処世哲学。憎ッくき上役、出世とはどういうことか、男と女、ワイセツということ、損得の哲学など40篇。(文春文庫 裏表紙から)

まぬけの効用 高橋義孝

カバー装画 東海林さだお

楽天ブックス 高橋義孝の著書の購入はこちら




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR