FC2ブログ

開高 健(かいこう たけし)


<作家紹介>
1930(昭和5)年、大阪生れ。大阪市立大学卒業。1958年「裸の王様」で第38回芥川賞受賞。1968年「輝ける闇」を発表、毎日出版文化賞を受賞する。著書に「裸の王様」「日本三文オペラ」「夏の闇」「紙の中の戦争」「サイゴンの十字架」「私の釣魚大全」「ロマネ・コンティ・一九三五年」などがある。1981年、第29回菊池寛賞受賞。(文春文庫から)





・ずばり東京
 この作家のルポタージュ作品の中で、ひときわ鮮やかな光芒を放つ名品。1960年代前半、東京オリンピック前後の、この年の諸相。
眼もなく足もなく日々生成をくりかえすアメーバの街。深夜タクシー、屋台のオデン屋、トルコ風呂考現学等々、著者自身、泥酔、飽食、宿酔いしつつ、足としたと裸の眼でさぐる、悪戦苦闘の名ルポだ!(文春文庫 裏表紙から)

ずばり東京 開高健

カバー装画 朝倉摂

楽天ブックス 開高 健の著作の購入はこちら






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR