FC2ブログ

谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)


<作家紹介>
明治19年(1886)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大国文科に入学するも、のち中退。明治43年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊。「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。
『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和40年7月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞を、また、24年には、第8回文化勲章を受けた。昭和十六年、日本芸術院会員、昭和39年、日本人としてはじめて全米芸術院・アメリカ文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。(中公文庫から)





・痴人の愛

顔かたちこそバタくさいが平凡な小娘のナオミは、主人公に引き取られて育てられて行くうちに彼の思いがけなかった肉体の美しさを増して行き手におえない淫婦に成長する。そして主人公は自分ではどうすることもできないほどナオミの魅力のとりこと化す。作者の悪魔主義的傾向の一つの頂点をなした作品。(角川文庫 カバーそでから)

痴人の愛 谷崎潤一郎



・武州公秘話・聞書抄

「武州公秘話」における語りは、もちろんもっと緩徐長で、伸びやかに落ち着いたリズムでおし進められている。しかし、若い侍女たちによる生ま首洗いといった異様な場面から始まって、戦いの最中の、敵に囲まれた城中で、一つの謎がまた謎をよび起しながら、からみ合い、もつれ合うようにして展開してゆく語りの魅力には、並々ならぬものがあって、読者はページをくるのがもどかしいような気持で、物語のあとを追わずにいられないのだ。(中公文庫 裏表紙から)

武州公秘話・聞書抄 谷崎潤一郎

カバー装画 宮田雅之

<もくじ>
・武州公秘話
・聞書抄

楽天ブックス 谷崎潤一郎の著書の購入はこちら








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR