FC2ブログ

小松左京(こまつ さきょう) 『日本沈没』が大ブームに


<作家紹介>
昭和6(1931)年、大阪生まれ。
京都大学大学院文学研究科修了。1974年、日本推理作家協会賞受賞。
1973年に発表した「日本沈没」がブームを呼び、社会現象にまでなった。他に「復活の日」「首都消失」などがある。 平成23(2011)年没





・やぶれかぶれ青春記

 小松左京は、中学時代に戦争を体験し、戦後の動乱期に高校時代を過ごした。 「青春とは一方的に“明朗”ではあり得ない」とする著者が、陰惨で“やぶれかぶれ”だった自分の青春時代を、ユーモアのオブラートに包んで描いた、自伝的青春小説。他に短編五編を収録(旺文社文庫 カバーそでから)

やぶれかぶれ青春記 小松左京

カバー装画 村上豊

<収録>
やぶれかぶれ青春記
わが青春の野蛮人たち
わが青春
わが読書歴
気ちがい旅行
美しいもの

楽天ブックス 小松左京の著書の購入はこちら 






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR