FC2ブログ

ヘルマン・ヘッセ


・青春は美しい

 夜空に火花を散らして消えてゆく花火のような青春の美しさ、はかなさを、水彩画のタッチで、抒情的に描いたヘッセ作品中の名作。
漂泊者の持つ甘い郷愁と孤独な人間の抱く静かなあきらめの感情が、全篇の隅々にまで息づいている。とりもなおさず、孤独な漂泊者であるヘッセの郷愁とあきらめにほかならないのである。他2篇を収録。(角川文庫 カバーそでから)


カバー装画 ヘッセ画集より

<収録>
青春は美しい
ラテン語学校生
乾草の月
ながれ



・車輪の下

 ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通るが、そこでの生活は少年の心理を踏みにじる規則ずくめなものだった。
少年らしい犯行に駆りたてられた彼は、学校を去って見習工として出なおそうとする・・・・。子供の心と生活とを自らの文学のふるさととするヘッセの代表的自伝小説である。(新潮文庫 裏表紙から)

カバー装画 なし

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR