FC2ブログ

永井路子(ながい みちこ)


<作家紹介>
1925年3月31日東京生。東京女子大国文科卒。編集者を経て作家生活に入る。
「三条院記」でサンデー毎日懸賞小説に入選。以後「炎環」で直木賞、「氷輪」で女流文学賞、歴史小説の業績で、84年、菊池寛賞受賞。(集英社文庫から)





・北条政子

 あわい光の中で床の上へ抱きおろされ、頼朝の大きな瞳にみつめられたそのとき、政子は、ふいに爪先から全身に恥じらいがひろがってゆくのを感じた・・・・。
北伊豆の豪族北条時政の娘に生まれ、平家の流人頼朝に、遅い、可憐な恋をした政子。やがて、夫頼朝がひるがえした平家への反旗。源平の争い、鎌倉幕府開設、源氏の衰亡へと移る世の激流の中で、政子の運命は大きく変転して行く。
歴史の波浪にもまれる女の人生の哀歓を、肌理細かに浮き彫りにした長篇力作。(角川文庫 カバーそでから)

北条政子 永井路子

カバー装画 堀文子
楽天ブックス 永井路子 「北條政子」の購入はこちら



・旅する女人
 歴史の本道を歩き、古代国家完成へのドラマチックな旅を続けた持統女帝。淡い水彩画のような筆致で旅行記「更級日記」を綴った菅原孝標の女。そして「てゃずがたり」を遺した、後深草院に愛された二条は、感傷旅行の旅に出た。旅の姿は時代によってさまざまに違う。が、人生そのものである。そして今、かつて同じ道を歩いた女人たちの幻を重ね合わせ、彼女たちの足跡を追う。(集英社文庫 裏表紙から)

旅する女人 永井路子

カバー装画 堀文子



・寂光院残照

 屋島、壇の浦で九死に一生を得、寂光院に幽居中の建礼門院のもとに、或る日突然、後白河法皇の御幸となった。平家を見棄てた心の痛みも憶えないのか、上機嫌な法皇。何事にも無関心、無感覚な女院。時代特有の不思議さ、怖さ、おかしさを描く表題作ほか、権力をとりまく複雑な人間ドラマの数々をシニカルにきめ細やかに抉る五篇を収録。(集英社文庫 裏表紙から)

寂光院残照 永井路子

カバー装画 堀文子

<収録>
右京局小夜がたり
土佐房昌俊
寂光院残照
ばくちしてこそ歩くなれ
頼朝の死
后ふたたび
















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR