FC2ブログ

吉村 昭(よしむら あきら)


<作家紹介>
1927(昭和2)年東京生まれ。学習院大中退。主な作品に『星への旅』『戦艦武蔵』『零式戦闘機』『彩られた日々』『神々の沈黙』『陸奥爆沈』『冬に鷹』『ふおん・しいほるとの娘』『漂流』『ポーツマスの旗』『魚影の群れ』ほかがある(旺文社文庫から)





・カニの縦ばい

 女房は、因果なことに私と同じように小説を書いている。一つの屋根の下に二人の小説を書く人間が住むわが家は、化け物屋敷といったところである。/小説を書くことは孤独な作業だと言われているが、孤独が二つそろっていては孤独でもなんでもなくなる。が、いかなる運命のいたずらか、孤独が住みつくことになった。それゆえに、いんがなという言葉も口に出るのである。本文〈私のふるさと〉より(旺文社文庫 裏表紙から)

蟹の縦い 吉村昭

カバー装画 井上 悟



・冬の鷹

 わずかな手掛りをもとに、苦心惨憺、殆ど独力で訳出した「解体新書」だが、訳者前野良沢の名は記されなかった。出版に尽力した実務肌の相棒杉田玄白が世間の名声を博するのとは対照的に、孤高の晩年を貫いて巷に窮死する。
わが国近代医学の礎を築いた画期的偉業、「解体新書」成立の過程を克明に再現し、両社の激的相克を浮彫りにする感動の歴史長編。(新潮文庫 裏表紙から)

冬の鷹 吉村昭

カバー装画 村上豊
楽天ブックス 吉村 昭 「冬の鷹」の購入はこちら



・海の史劇

 祖国の興廃をこの一戦に賭けて、世界注視のうちに歴史が決定される。
ロジェンストヴェンスキー提督が、ロシアの大艦隊をひきいて長征に向かう圧倒的な場面に始まり、連合艦隊司令長官東郷平八郎の死で終る、名高い≪日本海海戦≫の劇的な全貌。ロシア側の秘匿資料を初めて採り入れ、七カ月に及ぶ大回航の苦心と、迎え撃つ日本側の態度、海戦の詳細等々を克明に描いた空前の記録文学。(新潮文庫 裏表紙から)

海の史劇 吉村昭

カバー装画 三井永一
楽天ブックス 吉村 昭 「海の史劇」の購入はこちら
















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR