FC2ブログ

新野剛志(しんの たけし)


<作家紹介>
1965年東京生まれ。立教大学社会学部卒業。旅行会社勤務を経て、1999年『八月のマルクス』で第45回江戸川乱歩賞を受賞。2008年、本作のシリーズ第一作『あぽやん』が第139回直木賞候補となる。
著書に『月の見える窓』『愛ならどうだ!』『中野トリップスター』『素人がいっぱい』『パブリック・ブラザース』などがある。





・恋する空港 あぽやん2

 遠藤慶太は30歳。大航ツーリスト成田空港所に赴任して二年目を迎えた。今や空港勤務のプロ「あぽやん」として大活躍―のはずが、能天気な新人の教育、テロリストの出没騒動に今日も悪戦苦闘。さらに空港所閉鎖の話が浮上する中、恋のライバル登場で、まさに大ピンチ!? 遠藤の活躍を描く、大人気シリーズ第二弾。(文春文庫 裏表紙から)

恋する空港 あぽやん2 新野剛志

カバー装画 田中英樹
楽天ブックス 新野剛志 「恋する空港 あぽやん2」の購入はこちら

















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR