FC2ブログ

大前研一(おおまえ けんいち)


<作家紹介>
1943年生まれ。早稲田大学理学部応用化学科卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子工学科で博士号を得る。1970年から2年間、日立製作所原子力開発部技師として、主に高速増殖炉設計に従事。1979年から、マッキンゼー社の取締役・日本支社長となり、現在に至る。著書に『マッキンゼー・成熟期の成長戦略』『加算混合の発想』『トライアド・パワー』『企業参謀』『世界が見える、日本が見える』、訳書に『エクセレント・カンパニー』『エクセレント・リーダー』などがある。





・続企業参謀

 “企業生き残り戦争” の命運を左右する「企業参謀」集団 ― ロングセラー「企業参謀」で、わが国企業界にはじめて、“真の戦略的思考法” を導入、旋風を巻きおこした著者の、前著を一歩進めた実践応用編。豊富な実例と最新情報を駆使して「戦略的経営計画の実際」を解き明かす注目のビジネス書。(講談社文庫 裏表紙から)

続企業参謀 大前研一

カバー装画 こやまたかこ
















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR