FC2ブログ

スリランカビジネス旅行 4 / Geragama Tea Factory、Green View Hotel






バティック(ろうけつ染め製品)の買付けと紅茶工場の見学のためにキャンディを目指す。2泊3日の予定を組み、ゆったりとした旅です。残念ながら、まだ高速道路が出来ていないため、国道A1を北上。徐々に山を登っていくため、大型トラックやトゥクトゥクなど馬力のない車両があると、かなりの低速度をよぎされなくなるのですが、そこはスリランカの運転は容赦なく追い抜いて行きます。片側1車線ですが、複数台を追い抜いて行くのはもちろん、アウトからのかぶせ、インからの差し、クラクションを鳴らしながら何でもアリに見える過激な運転。いつもながらドキドキさせられます。

途中でGeragama Tea Factoryへ立ち寄り見学。女性の案内で、歩いて近くの茶畑へ。日本で見る茶畑に似ているが、急斜面にも植えられていたり段違いに植えられているなど、整然と植えられている日本の茶畑と比べるとラフな感じを受ける。
茶葉が焼けないように、背丈の高い他の木も一緒に植えられています。この木の落ち葉が肥料にもなるそうです。
摘む茶の見本を見せてもらいました。ゴールデンチップスとシルバーチップスの茶葉は、普通のお茶の木と異なり、少し赤みが差した茶葉です。
途中で茶摘みをした女性に出会いましたが、毎日16kg以上を摘み、おしなべて20kg以上摘むそうです。摘んだ量により、報酬も異なるということでした。
工場内は、温風による乾燥、機械による茶揉み、ふるいの目を変えながらのふるい掛け、発酵の順に進んでいきます。年季の入った機械と人力が組み合わさった、イギリス統治時代を思わせる工程です。見学は無料ですが、お礼に200スリランカルピーを案内の女性に渡す。

IMG_0036_convert_20190418211212.jpg

見学後にお茶をいただきながら、気に入った紅茶の購入。BOPを飲みました。話には聞いていましたが、香、味ともにこれといった特徴のないのがキャンディ産の紅茶です。追加にグリーンティーをいただきました。写真にあるように、茶葉をカップに直接入れて飲むスタイルです。日本の緑茶とは異なるようです。見た目は、茶揉みと乾燥が不十分なように見えましたし、飲んでみると香が薄く、味もこくが感じられませんでした。

IMG_0032_convert_20190418211029.jpg
IMG_0034_convert_20190418211125.jpg

購入したのはフレーバーティーのセット。ひと箱700スリランカルピーと少し高め。主張のないキャンディの紅茶が、フレーバーを生かせるのではないかと期待しています。

IMG_0035_convert_20190418210937.jpg
0303_convert_20190426183630.jpg


ホテルは、Green View 市街地から10Kmほど離れたところにあります。エントランスには色とりどりの花が咲き、ジャックフルーツの木もある自然の中のホテルです。冷蔵庫がないのが残念でしたが、清潔でスタッフも優しくお得感が強い。

IMG_0057_convert_20190419114358.jpg
IMG_0041_convert_20190419114516.jpg
IMG_0043_convert_20190419114612.jpg
IMG_0044_convert_20190419114709.jpg

夕食は、近くのHIMROというお店でホッパーをいただく。プレーンと卵入りを2個ずつ食べ、二人分の料金が340スリランカルピー(日本円換算で約215円)。信じられない!

IMG_0048_convert_20190419114825.jpg
IMG_0053_convert_20190419114956.jpg
IMG_0051_convert_20190419114906.jpg

途中でガイドさんがビールを買いたいというので酒屋さん(写真を見てください)へ立ち寄る。タバコとお酒への規制が厳しい国なので、酒屋さんはこんなたたずまい。ビールが冷えていないと、ガイドさんがプリプリ。

IMG_0055_convert_20190419115044.jpg

ホテルに戻ると8時から9時までの計画停電中。ホテルのスタッフが中国製のLEDランタンを貸してくれたので、エントランスの外で夕涼み。こういう経験もありだな。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR