FC2ブログ

北 杜夫 (きた もりお)

中学に上がると北杜夫や遠藤周作を読み始めた。北杜夫は『船乗りクプクプの冒険』を子供向けに書いているので、自然な流れのように『どくとるマンボウ』を冠するエッセイから『夜と霧の隅で』や『楡家の人びと』へと進んでいった。
思春期の入り口に立ったばかりの中学生にとって、学生生活や昆虫への興味を綴ったエッセイは、憧れをもって読まずにいられないほど魅力的だった。
時々テレビに出てくる北杜夫は、少しもっさりとした感じで、落ち着いた声でゆっくりと話す姿に好感を覚えた。今は文壇に立つ者がテレビの画面に出ることは稀だが、当時は多くの作家がテレビ番組に登場していた。作品だけは満足できないファンにとって、嬉しいひと時だった。


・さびしい王様
 私腹を肥やす悪辣な綱総理大臣への反感から起こった革命の渦中で、すこしずつ人間の喜怒哀楽に目覚め、純真な恋を感じ始める・・・・・・。ペーソスとナンセンスの横溢する、おとなこどものための童話シリーズ第一作。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2006.jpg
カバー装画 ヒサクニヒコ



・さびしい乞食
 本当にオカネのないとき、人にもの乞うときの寂しさ、また金持も乞食も共に操られる運命の不思議を笑いと涙のひそかな洪水のうちに描く。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2007.jpg
カバー装画 ヒサクニヒコ



・さびしい姫君
 人間てさびしい存在ですね。王様も乞食も、そして姫君もやっぱりさびしいのです。今度は“さびしい王国”ストン国王の妃ローラ姫の物語。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2008.jpg
カバー装画 ヒサクニヒコ



・奇病連盟
 うるさく古風な母親と二人暮らしのさえないサラリーマンの彼が「奇病連盟」にスカウトされた。次々と彼を襲う奇妙きてれつな体験と遅すぎるロマンを、著者独特のユーモアいっぱいに描く。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2009.jpg
カバー装画 串田孫一



・夜と霧の隅で
IMG_2111.jpg
カバー装画 串田孫一



・幽霊
 「人はなぜ追憶を語るのだろうか・どの民族にも神話があるように、どの個人にも心の神話があるものだ」昆虫採集に興ずる少年の心をふとよぎる幼い日に去った母親のイメージ、美しい少女に寄せる思慕・・・・過去の希望と不安が、敗戦前後の高校生の胸に甦る。過去を見つめ、隠された幼児期の記憶を求めて深層意識の中に遡っていく。これは「心の神話」であり、魂のフィクションである。(新潮文庫 裏表紙から)

IMG_2112.jpg
カバー装画 串田孫一


 
・どくとるマンボウ航海記
水産庁の漁業調査船に船医として乗りこみ、五カ月間、世界を回遊した作者の興味あふれる航海記。航海生活、寄港したアジア、アフリカ、ヨーロッパ各地の生活と風景、成功談と失敗談などを、独特の軽妙なユーモアと卓抜な文明批評を織り込んで描く型破りの旅行記である。のびやかなス
タイルと奔放な精神とで、笑いさざめく航跡のなかに、青春の純潔を浮き彫りにしたさわやかな作品。(新潮文庫 裏表紙から)
IMG_2113.jpg
カバー装画 串田孫一



・船乗りクプクプの冒険
IMG_2114.jpg
カバー装画 串田孫一



・遥かな国 遠い国
頭は弱いがとびきり素直で力持ちの正太少年が、オンボロ漁船に雇われて、船員たちにからかわれながらも、飯焚き雑役に大奮闘。あげくに船は沈没、凍える海に放り出され、ソ連に抑留されて・・・・北国の空の下、おおらかな恋人たちに眼を見張る。純朴な少年の眼を通して、遠い魂の故郷への憧憬を物語る表題作ほか、初期の珠玉作『三人の小市民』『埃と燈明』『為助叔父』『友情』を収録する。(新潮文庫 裏表紙から)

IMG_2115.jpg
カバー装画 串田孫一



・高みの見物
 海外放浪癖があり、“高級”ゴキブリを自称するわたしは、南陽漁業調査船に潜伏しているうち、なまけ者の船医、目玉医者の奇妙な言動に興味をそそられ、帰国する彼についてゆくことにした。彼の友人でヘチマのような顔をしたケチの食いしん坊、SF四文作家氏の家庭にも触手を伸ばしたわたしは、両家を往復しつつ、複雑怪奇な人間世界の“高みの見物”と洒落こんだ・・・・。(新潮文庫 裏表紙から)

IMG_2116.jpg
カバー装画 串田孫一



・南太平洋ひるね旅
南海―この言葉の中にある懐かしい響きといささかの幻想を追って、著者はふらりとジェット機に乗り込んで夜の東京を脱出した。ハワイを振り出しに、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、東西サモアと、風を吸い光を浴びて、訪ね歩く小さな島々。子供らと遊び、素朴なおとなと語らう、アオレレ(飛ぶ雲)のように爽やかで、ひっそりとしたどくとるマンボウの気ままな旅行記。(新潮文庫 裏表紙から)

IMG_2117.jpg
カバー装画 串田孫一



・どくとるマンボウ昆虫記
 「ウスバカゲロウが薄翅蜉蝣であるとはつゆ知らなかった。てっきり薄馬鹿下郎と思い込んでいた。そいつはのろのろと飛びめぐり、障子にぶつかってばかりいたからだ。馬鹿ということばは・・・・」。昆虫の形状や生態についての微細な観察を土台に、広い人間愛に発する自然観・人生観・文明観を明朗自在、ユーモアあふれる話術で語る。(角川文庫 見開きから)

IMG_2118.jpg
カバー装画 長 新太



・親不幸旅日記
史上最大のソウ病になった私には、いまやお天気さえ変えてしまう威力がある。もう、元気ハツラツなのだ。そこで思い立った。いつも迷惑をかけている、アノ痛快母君のフランス旅行にお供しようと考えた。さて親孝行旅行記が始まったのだが・・・・。迷惑をかけることでは大天才の著者が飛行機内で、レストランで、街角で次々とまきおこすテンヤワンヤの大騒動。本物の小説の天才や天才画伯も実名で登場! 痛快爆笑ビックリユーモア傑作長編小説。(角川文庫 見開きから)

IMG_2119.jpg
カバー装画 山下勇三



・どくとるマンボウ追想記
 昭和2年五月一日、「ゲーテほどではないが、予想したよりは何倍もいい」星の下に出生してから、東京大空襲ですべてを焼き尽くされるまでの、激しく揺れ動いた「楡家の人びと」の真実を描き、「どくとるマンボウ青春記」にいたる「少年期」をみごとに定着させた、貴重な東京っ子の昭和史(中公文庫 裏表紙から)

IMG_2120.jpg
カバー装画 佐々木侃司


『怪盗ジバコ』
『どくとるマンボウ途中下車』
など




【中古】 どくとるマンボウ航海記 新潮文庫/北杜夫(著者) 【中古】afb

価格:200円
(2021/5/9 19:56時点)
感想(1件)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR