FC2ブログ

星 新一 (ほし しんいち)

ショートショートを日本に定着させた作家だ。代表作の『ボッコちゃん』をはじめとして、多くのSFショートショートを書き残している。
ショートショートというぐらいで、短編小説の中でも特に短いから、長編を読むのが苦手な中学生にとって絶好の読み物だった。もしからしたら、星新一のショートショートが読書の基礎になったのかもしれない。
作品は難解なものではなく、中学生にも理解できた。SF以外では、『人民は弱し官吏は強し』が印象に残っている。是非、今の中学生にも読んでほしい作品だ。
ショートショートでは、どちらかというと無機質なタッチだが、この作品では熱を感じた。


・気まぐれ指数
 ビックリ箱作りのアイデアマン黒田一郎は、犯罪批評を趣味とする教養高き紳士。ふとした気まぐれから自ら完全犯罪を計画し仏像窃盗に乗り出すが、はからずも神主、未亡人、セールス・ガールをめぐって、てんやわんやの大騒動がまき起こる・・・・・・。ショート・ショートの第一人者星新一が、傑出したギャグと警句をふんだんにもり込んで描く、スマートでユーモアにみちた長編コメディー。(新潮文庫 裏表紙から)

IMG_2018.jpg
カバー装画 金森 馨

気まぐれ指数(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:572円
(2021/6/20 17:37時点)
感想(0件)





・ほら男爵 現代の冒険
 愛すべきわが男爵の前に出現するのは、人魚、宇宙人、ドラキュラ伯、ミイラ男、美女、魔女、インディアン、etc。懐かしい童話の世界に現代人の夢と願望を託した、シニカルでユーモアのある現代傑作冒険記。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2019.jpg
カバー装画 和田 誠

ほら男爵 現代の冒険(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:484円
(2021/6/20 17:28時点)
感想(0件)





・ボンボンと悪夢
 宇宙に、未来に、平凡な日常生活に、ユニークな想像力と、シャープなインテリジェンスで描き出される、サスペンス、ミステリー、ユーモアあふれるショート・ショート36編を収録。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2020.jpg
カバー装画 真鍋 博

ボンボンと悪夢(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:616円
(2021/6/20 17:30時点)
感想(1件)





・悪魔のいる天国
 ふとした気まぐれや思いつきによって、人間を残酷な運命に突きおとす“悪魔”の存在を、卓抜なアイディアと透明な文体を駆使して描き出すショート・ショート36編を収録する。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2021.jpg
カバー装画 真鍋 博

悪魔のいる天国(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:550円
(2021/6/20 17:38時点)
感想(2件)





・おのぞみの結末
 新鮮な発想、奇想天外なストーリーの展開、そして意外な結末は、あたかもアイディアを凝集した玉手箱。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2022.jpg
カバー装画 真鍋 博

おのぞみの結末(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:440円
(2021/6/20 17:29時点)
感想(1件)





・マイ国家
 マイホームを“マイ国家”として独立宣言をした男がいた。訪れた銀行外勤係は、不法侵入・スパイ容疑で、たちまち逮捕。犯罪か? 狂気か?(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2023.jpg
カバー装画 ヒサクニヒコ

マイ国家(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:605円
(2021/6/20 17:46時点)
感想(0件)





・午後の恐竜
 現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か? 集団幻覚か? それとも立体テレビの放映でも始まったのか? ― 地球の運命をシニカルに描く表題作。など全11編。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2025.jpg
カバー装画 ヒサクニヒコ

午後の恐竜(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:506円
(2021/6/20 17:33時点)
感想(1件)





・白い服の男
 横領、強盗、殺人、・・・・・・こんなたぐいの犯罪は一般の警察にまかせておけばよい。わが特殊警察の任務はただひとつ ― 人間が作り出す平和の虚妄性を痛烈な皮肉をこめて描き出す表題作。など全10編(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2026.jpg
カバー装画 真鍋 博

白い服の男(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:484円
(2021/6/20 17:32時点)
感想(0件)





・妄想銀行
 人間のさまざまな妄想を取り扱うエフ博士の妄想銀行は連日大繁盛。しかし博士が、彼に思いをよせる女から吸いとった妄想を自分の愛する女性に利用しようとしたのが過ちのもとだった -きそうてんがいなユーモアのあふれる表題作。などS・S32編。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2027.jpg
カバー装画 真鍋 博

妄想銀行(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:605円
(2021/6/20 17:35時点)
感想(0件)





・ブランコのむこうで
 ある日学校の帰り道に、もうひとりのぼくに出会った。鏡のむこうから抜けでてきたようなぼくにそっくりの顔。信じてもらえるかな。ぼくは目に見えない糸でひっぱられるように男の子のあとをつけていった。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2028.jpg
カバー装画 初山 滋

ブランコのむこうで(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:506円
(2021/6/20 17:47時点)
感想(0件)





・明治・父・アメリカ
 住み込みで働きながら小学校で英語を学び、行商や翻訳をして大学の学資を稼いだ。彼は周到な計画と持前の克己心で困難を乗り越え、貪欲に異国の新しい文明を吸収していく・・・・・・・。著者の父であり、星製薬の創始者である星一の若き日の姿を感動的に描く。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2029.jpg
カバー装画 山城隆一

明治・父・アメリカ(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:484円
(2021/6/20 17:33時点)
感想(0件)





・にぎやかな部屋
 ここはあるマンションの一室。住んでいるのは高利貸しの亭主といんちき占い師の婦人、それにひとり娘。お互いに悪口を言い合いながらも、この夫婦、けっこう仲よく商売に精を出している。ところがある日、夫婦の金に目をつけた妙な男たちがやって来て、大騒動が持ち上がった。それに、現世の人間どもを皮肉に見守る霊魂たちもからんで・・・・・・・。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2030.jpg
カバー装画 真鍋 博

にぎやかな部屋(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:440円
(2021/6/20 17:40時点)
感想(1件)





・ひとにぎりの未来
 人間の脳波を調べ、最も食べたいと思っている料理を作ってくれる<自動調理器>、遠距離通勤時代にうってつけ、眠っている間に会社まで運んでくれる<人間用コンテナ>、判断に迷った時、たちどころに指示を与えてくれる<身上相談機>、etc - (新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2031.jpg
カバー装画 真鍋 博

ひとにぎりの未来(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:649円
(2021/6/20 17:41時点)
感想(0件)





・だれかさんの悪夢
 平凡なことから途方もないことまで、ああもしたい、こうもしたいと限りなく広がる人間の夢。だが、その夢が実現してみると・・・・・・・。欲望多き人間たちがひきおこす悲劇喜劇を軽妙に描く傑作ショートショート集。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2032.jpg
カバー装画 真鍋 博

だれかさんの悪夢(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:583円
(2021/6/20 17:48時点)
感想(0件)





・進化した猿たち 1
 人間たちの愛すべき素顔をヒトコマに凝縮したアメリカ漫画の傑作数百点を駆使して、軽妙洒脱な文明批評を展開したユニークで楽しいエッセイ集。漫画は多年の歳月を費やして著者自ら収集したものです。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2033.jpg
カバー装画 真鍋 博

進化した猿たちーThe Bestー(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:605円
(2021/6/20 17:34時点)
感想(0件)





・進化した猿たち 2
 人間と他の動物を区別するもっとも大きな違いは、笑いの精神ではないでしょうか。笑いは生活の清涼剤であり、潤滑油であり、精神の活性剤。笑いを失った人生ほど味気ないものはありません。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2034.jpg
カバー装画 真鍋 博


・進化した猿たち 3
 夢と現実の落差から悲劇が生れ、喜劇が生じる。 ― 人間たちがくりひろげる悲劇・喜劇の光景をスマートにとらえたヒトコマ漫画とエッセーの楽しいデュエット第3集。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2035.jpg
カバー装画 真鍋 博


・未来いそっぷ
 <アリとキリギリス><ウサギとカメ>など、誰でもごぞんじの寓話の世界。語りつがれてきた寓話も、星新一の手にかかると、ビックリ驚く大革命。時代が変われば話が変わるとはいえ、古典的な物語をこんなふうに改作してしまっていいものかどうか、ちょっぴり気になりますが -。(新潮文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2036.jpg
カバー装画 真鍋 博

未来いそっぷ(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:605円
(2021/6/20 17:31時点)
感想(2件)





・ノックの音が
 さりげないノックの音。ドアの向こうに待っているのは果してなにか? 扉をあけるとなんのへんてつもなかった生活は奇妙なゆがみ見せる。(講談社文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2037.jpg
カバー装画 村上 豊

ノックの音が(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:473円
(2021/6/20 17:26時点)
感想(0件)





・なりそこない王子
 なつかしいメルヘンの主人公たち入りみだれて楽しいパロディ「なりそこない王子」。などふしぎな12の物語。(講談社文庫 裏表紙から抜粋)

IMG_2038.jpg
カバー装画 初山 滋

なりそこない王子(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:539円
(2021/6/20 17:43時点)
感想(0件)




・人民は弱し 官吏は強し
 大正期に後藤新平の応援によって彗星の如く出現した星製薬。洋行帰りでスケールの大きい合理主義者星一(ほしはじめ)は、政敵による後藤新平失脚の陰謀の犠牲となって、官憲の圧迫で、再起不能にちかい打撃を受ける。この作品は、官僚組織に代表される文明の恥部と、屈服することなくそれと戦い続けた不思議な男の物語である。(角川文庫 見開きから)

IMG_2039.jpg
カバー装画 山藤章二

人民は弱し 官吏は強し(新潮文庫)【電子書籍】[ 星新一 ]

価格:528円
(2021/6/20 17:44時点)
感想(0件)




・きまぐれ博物誌
 ちょっとアマノジャクな著者が、SF的発想と鋭い観察眼をとおして書きつづった好エッセイ集。(角川文庫 見開きから抜粋)

IMG_2040.jpg
カバー装画 和田 誠

きまぐれ博物誌【電子書籍】[ 星 新一 ]

価格:462円
(2021/6/20 17:49時点)
感想(0件)






ボッコちゃん
きまぐれロボット
おみそれ社会
きまぐれ星のメモ
エヌ氏の遊園地





ボッコちゃん【電子書籍】[ 星新一 ]



.



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR